ymsunshine.exblog.jp
チョン・ドヨン来日記者会見レポート
d0080157_2235680.jpg『ユア・マイ・サンシャイン』でヒロイン、ウナを演じたチョン・ドヨンが来日!都内で記者会見に登壇しました。
フラッシュの嵐に「こんなに歓迎を受けるとは思っていなかった」と驚きを隠せない様子のチョン・ドヨン。しかし愛について、初めての日本の印象、そして女優としての目標などを真剣な面持ちで語りました。


■韓国では大ヒットになりましたが、この映画がそこまで愛された理由、またウナがここまで受け入れられた理由をどのようにお考えでしょうか?

映画がヒットした理由は、ウナとソクチュンの二人の愛情が、私達が日常の中に見られるような愛を超えた、はるかにたくさんの困難を克服した愛だったからだと思います。多くの人たちがそうだと思いますが、私もやはり運命の愛を待ち焦がれていたし、そういう愛があると信じていました。ですが実際は、ただ人を愛したからといってそれが運命の愛になるのではなく、恋に落ちた時にその愛を守り、責任を持つというところにまで行き着いた時に、それは運命の愛になるのではないか、と思っています。
ウナはたくさんの観客に愛されたキャラクターですが、それはウナがお化粧したり外見を可愛く作り飾っていたからではなく、ソクチュンからたくさんの愛情を受けたからこそウナは光り輝き、可愛く見えたのではないかと思います。性別に関係なく、お互いに恋をして愛情を受けて…というような、良い関係が作れた時に、人は優しく美しくなるのだと思います。おそらく日本にも似たような言葉があると思いますが、韓国では「愛する男女はとても美しい」と言います。


d0080157_2243776.jpg
■数々の作品で名演技をされていますが、作品に対してどのようにアプローチしますか?また今回はどのように役作りをしたのでしょうか?

今まで9本の映画に出演しましたが、『ユア・マイ~』以前の8作品は全てシナリオを読んで出演を決めました。私にとって作品を決める際に最も重要なのはシナリオです。シナリオがしっかりしていないと、演技もできないし演出もできないと思っています。
『ユア・マイ~』の場合、実話ですが、その内容があまりに強烈だったので物語を自分の中に受け入れることができませんでした。この映画に出たいと思ったのは、監督に3枚の写真を見せられた時です。1枚はこの物語のモデルになった女性、そして2枚は男性の写真でした。この男性の写真を見たとき、一人の人間がこんなにも変貌するのかということを目の当たりにし、改めて本当のお話だったのだと実感し出演を決めました。
出演を決めるまではものすごく悩み大変でしたが、決めてからはそれほど難しいことはありませんでした。監督が私を念頭においてウナ役を書いてくれたからです。監督も「チョン・ドヨンらしいウナを見せて欲しい。ウナになるためにと特別に何かを創り上げる必要はない」をおっしゃていました。ですので撮影中はとても楽しく幸せで、多くの愛情を注がれて仕事に取り組むことができました。

■ウナは映画の中でソクチュンから、羨ましいくらいに愛されていましたが、なぜあれほど愛されたのでしょうか?

ウナがあれほどソクチュンに愛されたのは、やはりウナが可愛かったからだと思います。ソクチュンはウナとすれ違ったとき、周りに多くの女性がいるのに振り向きます。つまり一瞬で彼を引くつけるほど、ウナは何か魅力的なものを持っていたのだと思います。またなぜこんな田舎の農村にあんなに可愛い子がいるのだろうと思わせる相応しくないような惹きつけるものもあったと思います。
ソクチュンは一目でウナに恋をしてしまいましたが、それは「一目惚れ」で終わることではありません。彼は自分が心を奪われた女性を最後まで守ろうとしました。映画の中でソクチュンが泣きながら母親に「どうせ一生を生きて結局は死ぬのだから、自分はウナと一緒に生きて死にたい」と言いますが、このセリフを聞いてとても感動しました。そして本当にウナは幸せなのだなと思いました。ソクチュンはその愛を「これが自分の運命の愛なんだ」と信じたからこそ、それを最後まで守ることができたのではないかと思います。

■チョン・ドヨンさんが考える、愛される女性像、愛される女性の条件があれば教えてください。

もし私が「愛される女性の条件」を知っていたら、何回も何回も恋愛できていたでしょうし、結婚もできていたと思います。ですので、私にもわかりません。

d0080157_2251654.jpg
■初来日ということで、取材の感想を教えてください。また日本に来るにあたり楽しみにしていたことはありますか?

日本に来る前はこんなに多くの方が私に関心を持ってくださっているとは思っていなく、むしろ不安でした。恐らく時間がたくさん余るだろうから、その時間を使って東京見物でもしようかなくらいの気持ちで来日しました。実際に取材が始まり、本当に感動しています。来てくださる皆さんが私自身に対して、また映画に対してものすごく関心を持ってくださって、それだけではなく調べて、勉強して臨んでくださっている姿を見て、本当に頭が下がる思いがしました。昨日たくさん取材をこなして宿泊先に戻ったとき、体は疲れていましたが、とても温かい気持ちになりました。
一昨日東京に到着し、その日に少し都内を歩いて非常に驚きました。人の数がものすごく多い事と、それから街にすごく活気があったからです。今まで行った外国の中で一番“異国”という雰囲気を感じました。
それから、私は温泉が好きで、時間があれば、また恋人でもできれば、いつか温泉に行きたいなと思います。日本の温泉はとても良いと聞いていますので、機会があれば行っておいしいものでも食べて、ゆっくり休んでみたいなと思います。

d0080157_2291394.jpg
■女優さんが年を重ねるごとに良い作品に出演し続けるというのは非常に難しいと思いますが、今後女優さんとしてどんな活動をして行きたいと思っていますか?

日本も一時期はそうだったかもしれませんが、韓国では女優が映画で生きて行くのがとても難しい時期があったと私は思っています。女性が主人公になって展開されるストーリーというよりは、男性中心に見せ場を作って行く方が面白いのではないかと思いましたし、またそのような傾向が実際にあったと思います。多くの人が私は山ほど送られてくるシナリオの中から選んで出演していると考えていると思いますが、決してそうではなく2,3本しかシナリオがないときもありました。そのような時は本当に落ち込み、この状態が続くのであれば良い男性と結婚して子供を産んで生きて行く方が幸せなのではないかと思ったこともあります。
ですが仕事を続ける中でそのような考えも変わりつつあります。映画の傾向は変わっていきますし、私としてはその流れの中で、自然にそのとき自分が必要とされている映画に出演していきたいと考えています。女優という仕事は私にとって、今だけのものではなく、自分の生涯をかけた仕事だと思っているので、あせらずに長いスパンで仕事をとらえて、一生懸命一つ一つの仕をやって行ければと思っています。
私はとりたててこういう風になりたいという目標を立てたことはありませんでした。敢えて言うのであれば、信頼される女優です。観客から信頼していただけるような、そういう演技者になりたいと思っています。今までしてきたように、一生懸命仕事に臨んで慎重に仕事を選んでいれば、たくさんの人から関心を持たれる存在になれると思います。そして今までと同じようなチョン・ドヨンでいられると思います。

d0080157_2254886.jpg
その後スペシャルゲストで森三中の村上和子さんと黒沢かずこさんが登場!浴衣姿で登場し、花束を贈呈しました。
一足先に映画をご覧になっているという森三中のお二人は「愛されて結婚したら、逆に愛して、幸せを倍にして返せるんだなあと思いました」(黒沢さん)、「モテる気持ちというよりは、一人に愛される真実の愛、そこがすごく魅力的。愛されるからこそ自分も愛したいという気持ちがよかったなあ」(村上さん)と、本作で描かれる何があっても変わらないソクチョンとウナの愛に感動し涙を流したことを告白。
最後に3人で写真撮影を行い、和やかな雰囲気で会見場を包みました。
[PR]
by youremysunshine | 2006-08-04 22:19 | Report
<< 著名人のコメントが続々到着しま... チョン・ドヨン来日決定! >>

秋公開の映画「ユア・マイ・サンシャイン」最新情報を配信
by youremysunshine
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30